ドローン操縦士の需要が高まっている今だからこそ知っておきたい!資格取得までの期間や費用について

ドローンの需要が高まるにつれて、「ドローンの操縦を仕事にしたい!」「プロのドローン操縦士として活躍したい!」「ドローンを副業にしたい!」と考える人が年々増加してきています。しかし、一体どこから始めてどういう道筋でプロになればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

近年は、ドローン操縦士としての認定資格が取得できるドローンスクールや、ビジネスモデルに合わせた豊富なカリキュラムを用意したドローンスクールが開校され、そこからプロとして羽ばたいていく人もいます。ドローンスクールにおける資格取得の期間や費用について、またプロのドローン操縦士としてどういった仕事を請け負うことできるのかを詳しく解説していきます。

ドローンを操縦するにはどれくらいドローンスクールに通えば資格が取得できる?

飛行中のドローンの背面

それぞれのドローンスクールは、独自のカリキュラムやコース設定を行っており、通い方にも幅があります。しかし、どのドローンスクールであっても、基本的には「短期集中コース」がメインとなっているため、短い期間のうちにドローンの知識や操縦方法を学ぶことが可能です。

1日コースのものは初心者向けがほとんどで、資格を取得するとなると2~5日間コースが多くなります。難易度の高い資格になると、7日以上のコースもあります。 スクールによっては、特定の資格取得を目的としたコースもあれば、ビジネスモデルごとに設定されたコースもあります。ほかにも、週末のみのコース、合宿コースなど、さまざまなコースが用意されています。

どういう目的でドローンの操縦を学ぶのか、自分が目指しているビジネスモデルは何なのかということを明確にした上で、自身にとって最適なコースを選択することが大切です。

ドローンの操縦のための資格を取得するにはどれくらいの費用がかかる?

学校の積み木と電卓

ドローンの資格取得にかかる費用相場を見ていきましょう。

ドローン検定(無人航空従事者試験)

ドローン検定は、ドローン検定協会が主催する民間の検定試験であり、ドローンにおける一定の知識と技術を証明する認定証が発行されます。受験料は4級 3,000円、3級 5,500円、2級 12,000円、1級 18,000円です。

ドローン操縦士資格(DPA資格)

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)が認定する「ドローン操縦士回転翼」の資格です。飛行レベルにより3級の資格を得ることができます。日本最大級のドローンスクール、ドローンスクールジャパンでは、200,000円からのコースで回転翼3級の資格を得ることが可能です。

操縦技術証明証、安全運行管理者証明証

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)では、ドローンの操縦技術と安全な飛行に関する証明書を発行しています。受講費用は、認定を受けたそれぞれのスクールによって異なり、操縦技術証明証は300,000円前後、安全運行管理者証明証は100,000円前後が相場です。

DJI JAPAN認定資格

ドローンメーカーDJI社の日本法人が発行する認定資格です。DJI JAPANが管理するプログラムで合格すれば、技能資格認定書が発行されます。受講料は認定を受けた団体によって異なりますが、相場として60,000円前後です。

産業用マルチローターオペレーター技能認定

農林水産航空協会が発行する、農薬散布ドローンを操縦する人向けの資格です。農林水産航空協会の認定を受けたスクールで受講したのち、試験に合格することで認定証が得られます。上記のドローンスクールジャパンでは、スマート農業コースからの受講が可能です。

ドローン操縦士としてどんな仕事ができる?

プロのドローン操縦士として、請け負うことができる仕事を見ていきましょう。

空撮

ドローンというと、やはり上空からの壮大な映像をイメージするでしょう。近年はテレビやPV、WEB動画などで、ドローンの技術を駆使した映像作品がよく見られます。有名な空撮カメラマンともなると、年間で1憶円稼ぐ人もいるほどです。

農業

農業の分野でのドローンの活用は、主に農薬散布です。また、近年は「精密農業」においてドローンを使った制御・管理も行われており、需要が高まりつつあります。

測量

主に建設現場などで測量が必要になるときにドローンが活用されます。人力よりもドローンのほうが短時間かつ低コストで測量できるのがメリットです。

プロのインストラクター

ドローンの需要増加に合わせて、ドローンの操縦を学ぶスクールも年々増えてきています。ドローンの知識と技術をマスターすれば、ドローンのインストラクターとして働くことも可能です。

需要の多いドローン操縦士で活躍するには資格取得がおすすめ

ドローン操縦士として活躍したいと思う人は、やはりプロとしてのスキルを証明する資格を保持しておいたほうがよいでしょう。資格があることで、プロの操縦士として自身をアピールする材料になりますし、ドローンの仕事を請け負う場合にも何かと役に立ちます。

ドローンスクールによっては単に資格が取得できるコースのみならず、資格取得後の就職サポートを行ってくれるスクールもあるので、サポート体制がどの程度整っているかも含めて、自身にとってベストなドローンスクールを探してみましょう。

資格取得だけでなく就職サポートまで行ってくれるドローンスクールはこちらからご確認ください。

ドローン操縦士の認定資格が取得できるドローンスクールジャパン

会社名 株式会社ピットモータースジャパン
代表者 代表取締役 松元陽司
資本金 1,000万
年商 平成30年3月期 4憶6千1百万円
設立 平成10年 4月1日
本社住所 〒308-0852 茨城県筑西市大谷64?1
TEL 0296-20-2512
FAX 0296-20-2517
URL https://pitmotors.jp/
事業内容 自動車販売・修理、鈑金塗装、自動車保険、ドローン事業
従業員数 15人