【関東】ドローンスクールを千葉・栃木でお探しなら 農業で活用するドローンを使って農薬散布する際の費用

ドローンは小型の無人機にカメラを搭載して上空からの撮影を行ったり、物を運んだりするのに活用するため、様々な業種で可能性を広げています。しかしまだ新しい分野でもあるため、どのような場面で活躍しているのか目にする機会は少ないかもしれません。

実際にドローンを使うことでどのようなメリットがあるのか、栃木や千葉などの関東でドローンスクールを運営しているドローンスクールジャパンが、農業で使われているドローンを例に上げて紹介します。ドローンを農業で活用するメリットや、導入する際にどれくらいの費用がかかるのかなどについても紹介します。ドローンを活用できれば、仕事を効率化できるかもしれません。

農業の人手不足解消に役立つドローン ドローンスクールで知識・技術を習得しよう!

Drone to help solve agricultural labor shortages

日本の食物を支える重要な役割を持っている農業では、人手不足が叫ばれています。人手が不足しているということは、農業を営む方にとっては負担が大きくなってしまうことにもつながります。負担を少しでも和らげる方法として、農薬散布用のドローンを導入する取り組みが行われています。

農薬散布を人の手で行う場合、動力散布機を背負いながら右から左までチューブを伸ばして歩いていかなければならず、かなりの重労働となってしまいます。また2人以上の作業員が必要となるため、敷地の広い農地では人材を確保するだけでも一苦労な状態です。

また若い人材の地元離れも大きな問題となっていて、少人数の高齢者で大規模な農場を管理しているような状況の場所が多く見られるようになってきています。農業は力仕事で面倒な仕事だと思われている面もあるため、ドローンで作業が簡単に行えるようになれば人手不足の解消につながる可能性は大いにあるのではないでしょうか。

栃木や千葉などの関東でドローンの知識・技術を身につけたいという方は、ドローンスクールをご利用ください。ドローンスクールジャパンでは、ドローン事業に参入するために必要なスキルを学べる、充実したコースをご用意しています。ドローンスクールをお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

ドローンスクールを利用する前にチェック!農業にドローンを取り入れるメリット

merit

ドローンを農業に導入することで得られるメリットは、人手不足の解消以外にどんなところにあるのでしょうか。ドローンを導入することで得られるメリットを3つ紹介します。

農薬が人体に与えるリスクを抑えられる

ドローンを使って上空から農薬を散布することで、重労働を行う必要がなくなると同時に離れたところからドローンを操縦することができるため、農薬と接触する時間を最小限に抑えられます。

ピンポイントの農薬散布で害虫駆除に役立つ

ドローンに搭載するカメラを、小さな虫も捉えることができるサーモカメラや近赤外線カメラなどに変えることで、害虫の発生を確認することができます。害虫が湧いている箇所に狙いを定めてピンポイントに農薬を散布できるようになるため、農作物へのダメージを減らすだけでなく、減農薬栽培など消費者の安全性を高めるのにも役立つでしょう。

生産管理もドローンで行える

カメラを取り付けて飛行させることで、実際に足を運ばずに畑全体の様子を把握できるため、生産管理システムと一緒に使えば畑の育成状況をデータ化することもスムーズに行えるようになるでしょう。規模が広い農地であれば、機械で全てを把握できるようなシステムは効率的な作業を実現します。

農薬散布にドローンを取り入れる場合に必要となる費用

ドローンの導入メリットがわかったら、今度はどれくらいの費用が必要になるのか気になるところでしょう。どのようなドローンを導入するかによって費用は変わってきますが、農薬散布が行えるドローンを考えた場合、100万円からの購入となります。ドローンの価格に大きく関わってくる点は、防水性能や安定性など搭載されている機能で変化します。

他にも、ドローンスクールを活用する場合は最低でも20万円の費用が、メンテナンスの維持費に10万円ほどかかる点にもご注意ください。

100万円以上かかる費用は高く感じるかもしれませんが、5ha以上の大きな農場での活用を考えるのであれば、投資としては許容できる範囲なのではないでしょうか。

ドローンスクールジャパンでは、栃木や千葉などの関東エリアを中心に、農薬散布の講習なども行っています。農業でのドローン活用にご不明な点がありましたら、遠慮なくご相談ください。

栃木や千葉などの関東でドローンスクールをお探しならドローンスクールジャパンへ

ドローンの農業における使い方や人手不足解消に期待されている理由、導入の費用など、関東のドローンスクールジャパンがいくつかポイントを紹介しました。使い方次第で空撮以外の利用ができるドローンは、様々な業界で注目されています。農業以外にも人手不足の問題を抱える分野は多く、今後ドローンの活躍の場はさらに広がっていくでしょう。

趣味以外の活用を検討されている方は、関東でドローンスクールを運営するドローンスクールジャパンで実用的な使い方を習得しましょう。

関東でドローンスクールをお探しなら、ドローンスクールジャパンをご利用!

会社名 株式会社ピットモータースジャパン
代表者 代表取締役 松元陽司
資本金 1,000万
年商 平成30年3月期 4憶6千1百万円
設立 平成10年 4月1日
本社住所 〒308-0852 茨城県筑西市大谷64?1
TEL 0296-20-2512
FAX 0296-20-2517
URL https://pitmotors.jp/
事業内容 自動車販売・修理、鈑金塗装、自動車保険、ドローン事業
従業員数 15人