【関東】ドローン免許取得ならドローンスクールジャパンへ 空撮に必要な機材と初期費用

小型無人機のドローンは空撮を行うアイテムとして活用され始め、世界的にも注目されている撮影技術の一つです。カメラを搭載することで写真撮影はもちろんのこと映像を撮りながら、観察や監視なども行えるため、様々な分野での導入も始まっています。ですが、実際に導入するとなるとドローン以外にも様々な機材が必要になるため、仕事として扱う場合は初期費用なども確認する必要があるでしょう。

こちらでは、関東地域でドローン免許取得をサポートするドローンスクールジャパンが、空撮業務に必要な機材と、仕事として扱う場合の初期費用について紹介します。関東でドローン免許を取得してビジネスに活用したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ドローン免許を取得する前にチェック!空撮業務に必要な機材

check before

ドローンでの空撮を行う際に最低限必要となる機材は、「空撮用ドローン」「編集用のパソコン」「映像編集ソフト」の3つです。これらの機材があればその場でドローンの映像をチェックすることもできるため、セットで揃えておきましょう。仕事によってどの程度の性能が必要になるのかは異なるため値段は大きく変わってきますが、自分が求める映像が撮れる水準を満たしたものを選ぶようにしましょう。

テレビ局などと連帯してドローン空撮だけに集中するといったこともできますが、個人では難しい部分があるため、ある程度実績が持てるまではパソコンや編集ソフトも自前で準備することになるでしょう。個人での使用が難しいと感じた場合は撮影チームを作るなどの方法もありますが、まずは撮影の企画立案や打ち合わせ、ロケハン、ドローン空撮、編集が一通り行えるような環境を揃えることも重要です。

一通りどんなものが必要なのか確認ができたら、どの程度のレベルのものが必要なのか、それぞれのドローンがどのような機能を持っているのかなど、じっくりと精査しながら必要な物を揃えていくようにするといいでしょう。個人で行うにしろチームで行うにしろ、ドローン免許を持っているだけでは仕事が成立しない点にはご注意ください。

空撮を仕事とする場合の初期費用

initial cost

空撮業務に必要な初期費用の目処を紹介します。

まず、ドローンを購入するには最低でも20万円弱は必要になります。パソコンと映像編集ソフトは、合わせて25万円ほどはかかると考えたほうがいいでしょう。つまり、最低限仕事としてドローンを導入するためには、50万円程度の初期費用がかかることになります。また、ドローンのバッテリーや映像を保存するSDカード、カメラ機材などの諸経費も準備しておくことをおすすめします。

その他にも色々と必要になってくるものは出てくると思いますが、ひとまず初めてドローン空撮を業務として始める際に必要となる物を紹介しました。どれも性能によって価格も大きく変わってくるため、どの程度の画質が必要なのか、どのような映像を撮りたいのかによって購入するものを選んでいくようにしましょう。

ドローンは決して安いものではないため、慣れないうちに必要以上のものを購入して無駄な経費がかかってしまわないように、予めどんなものがあるのか調べながら、比較して適切なものを選ぶことも大切です。最初は資金を低めに設定して、さらにグレードアップしたい場合は、周辺機器などもより高性能なものを選んでいくといいでしょう。

関東でドローン免許を取得するならドローンスクールジャパンへ 費用の問い合わせはお気軽に

ドローンを用いたビジネスを考えている方に、必要な準備費用から必要機材、意識すべきことなどを紹介しました。仕事に使えるようなタイプのドローンモデルは、どれもお世辞にも安いと言えないものばかりです。関東でドローン免許取得をお考えの方は、こういった機材や費用についてもしっかりと考えておきましょう。

関東を中心にドローンスクールを運営するドローンスクールジャパンでは、ドローン事業に参入するために必要なスキルを学べるコースをご用意しています。初心者コースもご用意していますので、関東でドローン免許取得をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

関東でドローン免許の取得をお考えなら、ドローンスクールジャパンをご利用!

会社名 株式会社ピットモータースジャパン
代表者 代表取締役 松元陽司
資本金 1,000万
年商 平成30年3月期 4憶6千1百万円
設立 平成10年 4月1日
本社住所 〒308-0852 茨城県筑西市大谷64?1
TEL 0296-20-2512
FAX 0296-20-2517
URL https://pitmotors.jp/
事業内容 自動車販売・修理、鈑金塗装、自動車保険、ドローン事業
従業員数 15人